ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

オリンピアの保育

保育理念

オリンピア都保育園は、

愛・平和・喜び・命輝かせるキリスト教保育を行います。

保育目標

「ひとりひとりが、光の子、地の塩です」

「生きることが楽しい」これが私たちのモットーです。

 

ひとりひとりの子どもたちの個性を尊重し、

それでいいんだよと認め合う関係を大切にし、

ともに生きていく工夫が出来る子どもを育てていきます。

保育方針

  • 心の目をつかい、よく見る・よく聴く
  • あそび込む事によって、意志の力を育む
  • 自然と環境、食文化の中で、感性を育む
  • ひとりひとりの子どもが今日を輝かせる生活
  • 応答する力、共に生きる工夫ができる子ども

オリンピアの保育

 オリンピア都保育園は、「今日一日を精一杯生き、心から楽しむ」ことのできる大きなお家です。子どもたちが、家庭的な雰囲気の中で、安心して生活ができるように、保育を行います。日々の生活の中で、子どもたちが、自分で主体的に選択、判断し、責任をもって遊ぶことができる環境を提供します。

 

 また、子どもたちの感性を大切にした保育を行います。絵本を読むことによって、聴く力、見る力、考える力、感じる力を育てます。イースター礼拝、クリスマス礼拝などのキリスト教の行事を通じて、子どもたちの心を豊かに育みます。

 

 そして、「食べることは生きること」であると考え、食育を大切にし、喜び感謝して食べることができるよう、心と体を育てる食事作りに配慮し、クッキング保育も行います。アレルギー持つ子どもたちの食事にも対応いたします。

環境

 オリンピア都保育園には、青々とした芝生に覆われた園庭があり、その中を流れるせせらぎでは、メダカや小さな生きものたちが、楽しそうに泳いでいます。一歩保育園の外に出れば、たくさんの公園や緑に囲まれ、大人も子どももリフレッシュできる、とても自然豊かな環境です。